前回に引き続き、働き方改革の影響で強制年休取得による平日山登り第二弾となります。当初計画としては、25日から登山バスが運行開始される山梨側の奈良田から入って、熊ノ平小屋をベースに塩見岳にピストンしたあと北岳でキタダケソウをみて広河原まで縦走し、7:00広河原⇒奈良田のバス便で戻るルートを考えましたが、天気が3.5日間、もつか不明だったことから、長野側の鳥倉から入る2日間の計画にしました。
 1日目小河内岳までのルートでは誰にも会わず、金曜日の2日目塩見岳までのルートでは休前日ということもあるのか帰りに数名すれ違いました。いろいろな施設が閉鎖されていて不便な山へ、私含めてですがよく行きますよね。おつかれさまです。
 前回、大朝日岳で雄大な稜線をみて今回、南アルプスに行きたくなったのですが、塩見小屋より先から塩見岳山頂までの岩場は久々にヒヤヒヤでした。小さな目標達成ですが、塩見岳登頂により日本アルプス全百名山、ヤマレコ上で完登になりました!

ヤマレコ版(写真は途中まで)

IMG_3910


2021年6月24日(木)

08:10 到着時車2台
IMG_3792
08:11 ゲートの右側から入ります
IMG_3793
08:27 ウツギの一種かと思うが
 林道沿いにたくさん咲いていて、いい香りが漂っていました。
IMG_3794
08:37 林道からの眺め、300名山の奥茶臼山
IMG_3795
08:47 ここから砂利道
IMG_3796
08:50 林道からの眺め
 除山の右奥に300名山の奥茶臼山。
IMG_3797
08:54 鳥倉登山口
IMG_3798
08:54 林道の先の方向
 おそらく行き止まり。
IMG_3799
08:55 登山口の案内板
IMG_3800
08:55 入山します
IMG_3801
09:11 シダが生い茂る景色
IMG_3802
09:12 この看板が三伏峠まで続きます
IMG_3803
09:26 こちらもウツギの一種かと思うが
IMG_3804
09:41 豊口山間のコルまでしばらく緩やかに登る
IMG_3805
09:43 ミヤマハコベ ですかね
IMG_3806
09:45 登山道からの展望
 小河内岳の先で尾根が別れる大日影山、小日影山のようです。
IMG_3807
09:57 豊口山間のコル
 帰り30分では降りられませんでした。
IMG_3808
10:07 見た目、たよりないハシゴが何度かあります
IMG_3809
10:19 コミヤマカタバミ
IMG_3811
10:22 オサバグサ
IMG_3812
10:39 ほとけの清水
 ここで水汲み必須です。きれいでおいしい水です。
IMG_3814
10:10 塩川分岐
IMG_3815
11:11 閉鎖されているようです
IMG_3816
11:35 私は240歩くらいでした
IMG_3817
11:38 三伏峠小屋到着
IMG_3818
11:38 閉鎖中
IMG_3819
11:39 その向かいに三伏峠の看板
IMG_3820
11:48 テント場から塩見岳みえた
IMG_3821
11:49 新館裏のここに幕営します
 とりあえず小屋の軒先で昼食休憩します。
IMG_3822
12:47 新館の避難小屋スペースを確認
 扉がびくともしない。
IMG_3823
12:47 がっつり釘が・・・
 #冬季は開いているとの情報があったのですが。
IMG_3824
12:48 トイレも閉鎖
 #こちらも冬季は開いているとの情報があったのですが。
IMG_3825
12:53 幕営完了
IMG_3826
13:02 小河内岳に向かいます
 期待してませんが、帰りに水場に寄ってみます。
IMG_3827
13:03 テント場を振り返る
IMG_3828
13:04 本日は右(南側の方向)へ
IMG_3829
13:09 三伏沢に出ると塩見岳が見えた
IMG_3830
13:10 水場の分岐(左)を右へお花畑を登ります
IMG_3831
13:11 囲われた柵の網目にカメラ突っ込んで撮影
IMG_3832
13:12 全般的に稜線登山道の南西側は切れ落ちています
IMG_3836
13:13 登山道から柵越しにお花畑を見下ろす
IMG_3838
13:14 柵の外にも
IMG_3839
13:15 三伏峠小屋のある山とお花畑を振り返る
IMG_3840
13:39 烏帽子岳に向かう
IMG_3842
13:39 前小河内岳(左)と小河内岳(右)
 中央奥に荒川三山の悪沢岳(東岳)が見えます。
IMG_3845
13:41 三伏峠小屋と三伏沢を振り返る
IMG_3847
13:45 烏帽子岳山頂
IMG_3848
13:47 烏帽子岳山頂から塩見岳、その右に蝙蝠岳
IMG_3851
13:50 前小河内岳への稜線
IMG_3852
13:50 ピンク色が鮮やかなイワカガミ
IMG_3853
14:23 登山道に雪は無く、残雪わずかです
IMG_3854
14:26 前小河内岳山頂到着、山頂から塩見岳
IMG_3855
14:27 小河内岳への稜線
 山頂左に避難小屋が見えます。
IMG_3856
14:28 ハクサンイチゲ
IMG_3857
14:34 荒川三山
IMG_3859
14:45 キバナシャクナゲ
IMG_3860
14:46 小河内岳山頂までもう少し
IMG_3861
14:53 振り返ると、烏帽子岳、前小河内岳が迫力のある山容です
IMG_3863
15:00 小河内岳山頂到着
 三伏峠から烏帽子岳の稜線を背景に。
IMG_3864
15:00 山頂から前小河内岳、塩見岳を背景に
IMG_3865
15:00 山頂から避難小屋の位置確認
 背景は雲に隠れた悪沢岳(東岳)から延びる稜線。
IMG_3866
15:00 珍しい二等三角点
IMG_3867
15:05 小河内岳山頂避難小屋
 冬季小屋のため一階は閉められていて、2階から入ります。
IMG_3869
15:06 前室
IMG_3870
15:07 トイレのタンクが外されている
IMG_3872
15:08 トイレ全閉鎖
IMG_3873
15:09 小屋の先にある展望台に行ってみます
IMG_3874
15:12 タイミング悪く展望なし
IMG_3875
15:13 展望所から山頂、小屋を振り返る
IMG_3876
15:17 少し小屋の前室で休憩させていただく
IMG_3877
15:20 靴脱いで1階に降りてみると、なんとテレビあります
 当然電源は入りません。
IMG_3878
15:21 厚意の食料備蓄、すばらしい
IMG_3879
15:21 親切に備蓄の水(天水)もあります
IMG_3881
15:22 2階の入口から1階を撮影してみました
IMG_3882
15:39 戻る途中、霧の中で、雷鳥!
IMG_3883
15:39 撮れました!
 南アルプスで貴重な雷鳥です。
IMG_3884
15:47 戻っています、進行方向
IMG_3885
15:50 南西側の切れ落ちた斜面
IMG_3886
15:57 前小河内岳へ戻ります
IMG_3889
16:13 前小河内岳山頂から小河内岳を振り返る
IMG_3890
16:13 前小河内岳山頂から塩見岳
 塩見岳上空が晴れているようです。
IMG_3891
16:23 烏帽子岳、迫力があります
IMG_3892
16:32 山頂に夕日が当たる塩見岳
IMG_3893
17:36 水場をもとめて三伏沢旧テント場に来ました
IMG_3898
17:38 ポンプ小屋でしょうか?
IMG_3900
17:40 烏帽子岳に直登するルートですね
IMG_3901
17:45 水場を探してもう少し沢を降りたら・・・
 水が出現したものの流れておらず諦めました。もっと下かな。
IMG_3903



2021年6月25日(金)

02:31 三伏山山頂
 次の日、暗いうちから塩見岳に向けて出発。
IMG_3904
03:28 三伏山から1時間かかって本谷山山頂
IMG_3905
04:59 ゴーロからの登り
IMG_3906
05:12 塩見新道分岐
IMG_3908
05:12 見えにくいですがロープで規制されています
IMG_3907
05:30 塩見小屋到着
 いるみたいです。発電機のエンジン音がします。帰りは閉まっていました。
IMG_3909
05:35 あれ登るのか・・・
 手前の天狗岩は右側から巻くようです。
IMG_3910
06:12 天狗岩を巻いています
IMG_3911
06:12 岩を見上げる
IMG_3912
06:18 天狗岩を巻いて最後の登りですが・・・
IMG_3913
06:25 登り途中で荒川三山、右は昨日の小河内岳
IMG_3914
06:20 北部の仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳
IMG_3915
06:57 塩見岳山頂、西峰到着
IMG_3916
07:04 塩見岳山頂、東峰到着
IMG_3917
07:04 先の蝙蝠岳、うっすらと富士山の頭が見えます
IMG_3918
07:04 荒川三山
IMG_3919
07:05 東峰から西峰に向かう
IMG_3920
07:08 再び西峰
IMG_3921
07:09 三角点ですが、なんと・・・
IMG_3923
07:09 北部に延びる稜線がきれい
IMG_3924
07:17 下山途中
IMG_3925
07:37 下山途中
IMG_3926
08:09 塩見小屋に戻ってコーヒー休憩、小屋はもう無人でした
IMG_3927
08:28 ソーラーパネル発電もあるんですね
IMG_3928
08:30 避難スペース見てみます
IMG_3929
08:31 こんな感じです、奥の入口扉は施錠されています
IMG_3930
08:32 小屋の敷地をあとにします
IMG_3931
08:54 ゴーロに戻ってきました
IMG_3932
08:55 昔の小屋ご主人製かな
IMG_3933
09:18 美しい幼木の森ここで左に曲がります
IMG_3935
09:31 塩見岳の展望
IMG_3937
09:33 動くから気を付けてと書いています
IMG_3938
09:46 塩見岳を振り返ります
IMG_3939
10:10 本谷山山頂到着
IMG_3940
10:11 朝暗くてわからなかったですが、三等三角点ですね
IMG_3941
10:23 本谷山の下りはお花畑です
IMG_3942
11:17 三伏山山頂到着
IMG_3946
11:20 三伏小屋が見えた
 午後から雨予報なので、テントたたんですぐ下山します。
IMG_3947
14:17 鳥倉登山口に到着
IMG_3949
15:04 越路ゲート帰着
 なんとか雨に降られなかった。
IMG_3951


天候:
・1日目:晴れ時々曇り、夜一時雨
・2日目:曇り時々晴れ

アクセス:
・越路駐車場(鳥倉登山口から約2.5km手前の越路ゲート前):無料、水洗トイレ有

・三伏峠テント場:現時点無料、外トイレ/避難小屋閉鎖、水場無(三伏沢での捜索断念)
※三伏峠小屋は7/10から営業開始予定とのこと。
 http://sanpukutouge.com/

・小河内岳避難小屋:宿泊する場合は協力金要、外トイレ閉鎖、水場無
※2020年に引き続きは2021年も営業休止。トイレは7/中~一部開放予定とのこと。
 https://www.t-forest.com/alpsinfo/climber/lodgeinfo/
 https://www.t-forest.com/news/detail/41

・塩見小屋:避難スペース開放(入口2畳土間)、携帯トイレ用トイレ閉鎖、水場未確認
※7/1から営業開始予定とのこと。
 https://www.ina-city-kankou.co.jp/yamagoya/shiomi/

※水場は、ルート上でほぼ無なので「ほとけの清水」で十分汲んだ方がよいです。
※トイレは現時点ですべて閉鎖されているので携帯トイレが必須です。


コース状況/危険箇所等:
・登山道全般的に倒木処理など良く整備されています。
・登山道上に残雪はありません。

【携帯電波状況】
・稜線上と一部登山道、テント場含めて弱いですが、ドコモ 4G LTE可能

その他周辺情報:
・信州まつかわ温泉 清流苑:日帰り入浴500円、タオル150円(忘れたので)
 http://www.seiryuen.jp/
※シャンプー、ボディーソープ、仕切り付洗い場、露天風呂、薬湯付き
※コロナ対策:入館時・マスク・氏名/住所・連絡先記載・検温要、手洗い消毒液完備
・鹿塩温泉 山塩館:日帰り入浴お休み中
 https://www.yamashio.com/
・小渋温泉 赤石荘:臨時休荘中
 http://www.akaishisou.com/