働き方改革の影響で強制年休取得により平日の山登りとなりました。週末併せて少し長期の休暇になるので遠方の百名山を目指すことに。週末は熊野岳/蔵王にも登るつもりでしたが、土曜日の雨予報は改善しませんでしたので、今回大朝日岳のみとなりました。
 宿泊は行ったことのない避難小屋ですので、念のためテント泊装備で登りましたが、平日ということもあり非常に広い小屋でガラガラ(合計4名利用)でした。
 梅雨時期の中(東北地方はこの直後梅雨に入ったらしい)、1日目夕方と2日目は予報外の良い天気となりアルプスに引けを取らないスケールの大きな朝日連峰稜線歩きと展望を楽しめました。ありがとうございました。

ヤマレコ版

IMG_3701


2021年6月17日(木)

09:31 朝日鉱泉600m手前通行止めゲートから
 橋に問題があることが理由のようです。
IMG_3604
09:42 林道のショートカットを経て朝日鉱泉前
IMG_3607
09:43 朝日鉱泉前を通り奥から左に降りる登山口
IMG_3608
09:43 登山口前の案内図
 ネットでなかなか見つからない情報が満載で、あとで役に立ちました。
IMG_3609
09:43 降りると発電設備があり吊橋を渡る
 ここから先ほどの通行止めゲートまで発電設備の道路でショートカットできることがわかりました。
IMG_3610
09:53 登山道沿いの弘法水
 湧出が上の方と思うので、登山道まで流れてきています。
IMG_3611
09:55 鳥原山コース、右へ
IMG_3612
10:20 ブナの林のなかを行く
IMG_3613
10:24 林に日が差して緑が鮮やかに
IMG_3614
10:29 腕立て伏せしてるみたい
IMG_3615
10:31 大きなブナの木にパワーをもらう
IMG_3616
10:46 最初の展望
IMG_3619
11:13 ニガナかな
IMG_3622
11:33 金山沢で休憩
IMG_3623
11:33 金山沢下流側
IMG_3624
11:52
IMG_3625
11:53 ツツジ
IMG_3626
12:33
IMG_3627
12:38 この後すべての稜線でイワカガミが見られました
IMG_3628
12:42 コバイケイソウ
 高層湿原のようで水芭蕉もありました。
IMG_3629
12:47 鳥原小屋がみえた
IMG_3632
12:47 ツマトリソウ
IMG_E3633
12:48 ゴゼンタチバナ
 久々に見た。
IMG_3634
12:49 チングルマ
IMG_3635
12:50 小屋に寄ってみるので左へ
IMG_3636
12:52 小屋への途中、水場と思われる
IMG_3637
12:52 行き止まりを左へ
IMG_3638
12:53 鳥居をくぐり小屋の敷地へ
IMG_3639
12:54 小屋前の広場
IMG_3640
12:55 小屋前の広場からの展望
IMG_3641
12:58 近くに外トイレ(夏季用は水洗)、使えます
IMG_3643
13:00 小屋の中で少し休憩
IMG_3644
13:01 まだ蛇口が設営されていませんが左の洗面台まで水を引いているようです
IMG_3645
13:03 白滝コース分岐(右)、左へ
IMG_3646
13:09 鳥原小屋近くの湿原
IMG_3647
13:09 古寺コース分岐(右)、左へ
IMG_3648
13:11 時々の青空をバックにツツジ
IMG_3649
13:12 コブシがたくさんでした
IMG_3650
13:13 ショウジョウバカマ
IMG_3651
13:22 スミレですね
IMG_3654
13:32 鳥原山山頂付近から雲を纏う小朝日岳
IMG_3656
13:35 鳥原展望台から小朝日岳
 ここが事実上の鳥原山山頂か、途中山頂標識は見られませんでした。
IMG_3657
13:35 大朝日は雲隠れ
IMG_3658
13:51 飯豊連峰が雲の下から辛うじて見える
IMG_3659
13:55 初残雪
 短い区間ですが雪が固く斜面が急なのでアイゼンが無いと登るのに難儀すると思います。
IMG_3660
14:16 2回目、さっきより長い残雪区間
IMG_3661
14:16 残雪を登る途中、鳥原山を振り返る
IMG_3662
14:44 ハクサンチドリ
IMG_3663
15:06 小朝日岳山頂
 コバエがうるさくなってきた。。。
IMG_3664
15:26 古寺への巻道(右)、左へ引き続き急斜面を降ります
IMG_3665
15:28 熊越手前から中岳と西朝日岳
IMG_3666
15:29 小朝日岳の急な岩肌
IMG_3667
15:29 熊越から御影森山
IMG_3668
15:30 下を見ると黒俣沢につながる黒倉沢
IMG_3669
16:24 銀玉水
 左へ降りてすぐです。
IMG_3679
16:25 水量が多い銀玉水
 3リッター汲んで下山まで十分まかなえました。おいしい水でした。
IMG_3681
16:57 ウスユキソウ
 稜線沿いにたくさんありました。
IMG_3684
16:58 奥社とのことで左すぐのピークに寄ってみます
IMG_3685
16:59 安全祈願
IMG_3686
18:15 避難小屋に着いてから夕食後、大朝日へ
IMG_3688
18:24 到着時ガスガスの大朝日岳山頂
IMG_3689
18:24 三角点
IMG_3690
18:29 少し雲とれる
IMG_3691
18:32 青空をバックに
IMG_3692
18:51 どこにでも咲いているウスユキソウ
IMG_3693
19:15 小屋付近から中岳方向
 雲滝が発生。動画もアップしています。
IMG_3694
19:19 雲に浮かぶ月山
IMG_3696
19:21 奥社のあるピーク
IMG_3697
19:21 小屋を振り返る
 夕方ですが、きれいな青空。
IMG_3698
19:23 中岳が見えた
IMG_3699
19:25 奥の西朝日岳も見えた
 雲滝発生中。動画もアップしています。
IMG_3701
19:34 金玉水分岐から、水源はまだ雪の下です
IMG_3702
19:35 金玉水分岐から大朝日岳
IMG_3703
19:46 小屋前から寒河江市あたりの明かり
IMG_3704


2021年6月18日(金)

03:56 山頂から日の出待ち
 小朝日岳から時計回り、小朝日岳左。
IMG_3705
03:57 山頂から日の出待ち
 小朝日岳から時計回り、小朝日岳右。
IMG_3706
03:57 山頂から日の出待ち
 小朝日岳から時計回り、御影森山を中心に。
IMG_3707
03:57 山頂から日の出待ち
小朝日岳から時計回り、平岩山を中心に。
IMG_3708
04:13 出ました!
 日の出予定時間は4:15。
IMG_3709
04:22 おはようございます!
IMG_3710
05:05 ガンガラ沢、まだ滑れそう
IMG_3711
05:05 小屋に戻って小屋前で朝食
IMG_3712
05:17 小屋から中岳
 西朝日岳に空身で向かいます。
IMG_3713
05:17 中俣沢
 西朝日岳から袖朝日岳に続く稜線。
IMG_3714
05:25 金玉水あたりの湿原、水源はここかな
IMG_3715
05:25 少ないですがぽつりぽつりとシラネアオイ
IMG_3716
05:41 中岳登りから大朝日岳を振り返る
IMG_3717
05:51 中岳下りから西朝日岳
 中岳山頂部分は残雪があるので、アイゼンがあった方が便利です。
IMG_3718
05:51 西朝日岳から袖朝日岳に続く稜線
 登山道は無いようです。
IMG_3719
05:51 さらに南に振ると飯豊連峰
IMG_3720
05:53 反対側の北を見ると月山
IMG_3721
06:57 イワカガミとチングルマ
IMG_3722
05:58 ハクサンイチゲ
 稜線登山道沿いにたくさん咲いていました。
IMG_E3723
06:01 シラネアオイ
IMG_3724
06:20 西朝日岳直下から中岳と大朝日岳を振り返る
IMG_3725
06:20 遠くから白く光って見えたのはこの岩か
IMG_3726
06:35 西朝日岳山頂
IMG_3727
06:35 三角点
IMG_3728
06:40 西朝日岳山頂から中岳と大朝日岳
IMG_3729
06:41 山頂から飯豊連峰
IMG_3730
06:41 山頂から磐梯山
IMG_3731
06:41 山頂から月山
IMG_3732
06:45 竜門山方向の稜線を雲がこえる
IMG_3733
06:45 あちらのピークが10cm高いそうです
 三角点もあるみたいですが登山道は無し。
IMG_3734
06:47 小屋に戻ります
IMG_3735
06:59 シラネアオイ
IMG_3736
07:04 西朝日岳直下の池塘
IMG_3737
07:40 中岳山腹から大朝日岳
IMG_3738
08:24 小屋に戻ったら誰もいませんでした
 昨日の宿泊者私入れて4名。室内は3層となっています。
IMG_3739
08:24 2階1層目の様子、ここに4名広々でした
 しばらく、小屋前でコーヒーを飲みながらゆっくりしました。
IMG_3740
08:55 再び大朝日岳山頂、平岩山方向
 中ツル尾根での下山前。
IMG_3741
08:55 中ツル尾根方向
 御影森山コースから計画変更でこちらを降ります。
IMG_3742
08:56 中ツル尾根から小朝日岳への稜線を振り返る
IMG_3744
09:05 大朝日を振り返る
IMG_3746
09:12 下り方向
IMG_3747
09:15 大朝日を振り返る、もう見えなくなるかな
IMG_3748
09:15 下り方向
IMG_3749
09:37 下り方向の険しい稜線
IMG_3750
09:46 ハクサンチドリ
IMG_3751
09:53 振り返るとまだ見えた
IMG_3752
09:55
IMG_3753
10:05 振り返るとまだ見える
IMG_3754
10:13 アカモノ(イワハゼ)
IMG_3755
10:46 長命水への分岐
 登山道から降りるようです。枯れているといううわさもあり寄りませんでした。
IMG_3759
11:36 出合(二俣)の吊橋、ここまで常設ロープ有の爆下り
IMG_3760
11:39
IMG_3761
11:44 ここの河原で休憩
IMG_3762
11:45
IMG_3763
11:55 コダテ沢を渡る
IMG_3764
12:18 たしかに遡上できなさそうな急流です
IMG_3765
12:21 避難できそうな穴
IMG_3766
12:21
IMG_3767
12:25 こちらにも避難できそうな穴
IMG_3768
12:31 吊橋を渡り右俣側へ
IMG_3769
12:43 孫兵衛平を振り返る
IMG_3770
12:49 ハトアサノ沢の滝
 石の上で滑りこけるが、大事なし。
IMG_3771
12:49 振り返ると多数のロープが謎
IMG_3772
12:49 常設ロープで登るがかなり荒れている
IMG_3773
13:08 上ノゴカ沢を渡り振り返る
IMG_3775
13:25 吊橋を渡り左俣側に戻る
IMG_3778
13:43 御影森山コースの合流地点を振り返る
 そこに朽ちたなんかの建物の基礎部分があった。
IMG_3779
13:45 これの設備だったか
 昔2軒の鉱泉宿があったらしい。増水して何度も流されたのかもしれません。
IMG_3781
13:51 鳥原山コース分岐に帰着
IMG_3783
14:04 発電所設備の道路を使う
 朝日鉱泉まで登り返さず林道にショートカットできる。
IMG_3784
14:05 林道からの入り口を振り返る
IMG_3785
14:08 駐車場通行止めゲートに帰着
IMG_3786
16:46 朝日鉱泉は日帰り入浴休止中なので峠を越えて山形市郊外の百目鬼温泉へ
IMG_3787
16:56 明日は雨予報なので山形蔵王はまた今度
IMG_3788


天候:
・1日目:曇り時々晴れ
・2日目:晴れ時々曇り


アクセス:
・朝日鉱泉600m手前の通行止めゲート前駐車:無料⇒到着時4台/最大10台程度駐車可
※「のぞくら橋」橋脚修復して朝日鉱泉近くまで開通する予定は当面なさそうです。
 
https://www.asahikosen.com/
 ⇒「現在の道路状況」をクリック
・大朝日岳山頂避難小屋:協力金1500円/泊⇒小屋管理者不在のため施錠ポストへ
※トイレは小屋内計4器(夏季用水洗:和式2器、冬季用:2器⇒施錠中で使用不可)
※トイレ前室に手洗い用雨水水栓あり(飲用不可)、トイレ内土足可、アイゼン禁止


コース状況/危険箇所等:
【鳥原山~小朝日岳(鳥原山コース)】
・鞍部と、小朝日岳への登り2か所登山道上に残雪があり、軽アイゼン以上のアイゼンと、できればピッケルがあれば安全です。傾斜があり雪が固いのでキックステップは体力消耗します。

【小朝日岳~大朝日岳】
・残雪はありません。
・小朝日岳からの下りは、急で一部常設ロープがあります。

【大朝日岳山頂避難小屋~西朝日岳】
・西朝日岳へ空身ピストンで行ったのですが、中岳山頂部とその先の鞍部2か所登山道上に残雪がありました。傾斜がそれほどでもないためアイゼン無でも通れないことなかったです。

【大朝日岳~朝日鉱泉(中ツル尾根)】
・残雪はありません。
・ヤセ尾根の部分があり切れ落ちた部分が植生で隠れているため注意が必要です。
・出合手前が激下りで、常設ロープが連続しています。
・出合から朝日鉱泉までは沢を何度も渡ります。増水の時は渡れなくなることもありそうです。心配な時は鳥原山コースか御影森山コースを使った方がよさそうです。

【今回ルート上の水場】
・弘法水(朝日鉱泉~鳥原山コース分岐間)
・鳥原小屋近く
・銀玉水(小朝日岳~避難小屋間)⇒3リットル取水
※金玉水(避難小屋~中岳間)はまだ残雪の下
※長命水(大朝日岳~中ツル尾根・出合間)は未確認

【携帯電波状況】
・ドコモ 4G LTE可能:小朝日岳山頂、大朝日岳山頂~西朝日岳山頂

その他周辺情報:
・百目鬼温泉(山形市内郊外):350円
 https://yamagatakanko.com/attractions/detail_2767.html
 https://clipyamagata.com/domekispa
※第一月曜日が定休となっているようです。
※感染対策として、入館時マスク要、手洗消毒液あり。
※シャンプー、ボディソープ、仕切付洗場、露天風呂あって安いと思いました。

小屋から中岳、西朝日岳方向に発生した滝雲の映像1:



小屋から中岳、西朝日岳方向に発生した滝雲の映像2:



 後で気が付きましたが、ウグイスの鳴き声が時折入っているのがいいです。