もともとの計画では川又から股の沢経由で入山し、十文字小屋と雁坂小屋にてテント泊して黒岩尾根経由で出会いの丘に下山する縦走3日間の予定でしたが、計画1日目の土曜日午後から埼玉集中で雷雨予想になったこともあり、また、入川の先にある股の沢が通れるかYAMAP、Yamakeiなど近々の状況については調べるほどに情報不足だったので、過去に通ったことのある栃本から白泰山経由の十文字小屋テント泊ピストン2日間に直前、変更しました。

 小屋周辺のしゃくなげが見ごろの時期ですので、例年混む時期ですが、小屋の例年イベントを中止していることもあって、また、日曜日泊だったこともあり、テント泊の私1人のみの利用でした。 受付に行ったときに夕食中だった小屋番のおじさん、おばさん、私と3人でしばらくの時間たのしく談笑しました。 おじさんの夕食は、なんだかよくわからないつまみを食べながら日本酒一升瓶手酌という典型的な山屋スタイルでした。 その時の話で、6/13(土)NHK第1ラジオの「石丸謙二郎の山カフェ」に(おじさんが)でるよと言っていました。 ラジオは普段はほぼ聴きませんが忘れないように聴いてみようと思います。(すでに録音済らしいです。当日の放送以降もスマホのアプリをいれれば聴き逃し機能で聴くことができます。)

 長いコロナ自粛後、県内移動とはいうもののテント泊装備で今回のコース・距離は後半かなりバテてしまいました。 ピストンなので帰りの方が楽かなと思っていましたが、コース中間だけでみると累積標高で下りより登りの方が多く、そうでもなかったです・・・。

ヤマレコ版

IMG_1819


2020年6月7日(日)

06:13 白泰山登山口
 ほかに、十文字峠日帰りの方がいました。
DSC06475
06:41 伐採地からの南西展望
DSC06476
06:43 伐採地からの南東展望
DSC06477
06:50 一里観音
DSC06478
07:09 景色が苔むしてきた
DSC06480
07:09 景色が苔むしてきた
DSC06481
07:23 景色が苔むしてきた
DSC06482
07:23 景色が苔むしてきた
DSC06483
07:25 倒木
DSC06484
07:50 ギンリョウソウ
 今シーズン初。
DSC06489
08:00 シダと触れ合いながらの歩行
DSC06490
08:27 真っ白な景色の、のぞき岩から
DSC06491
08:28 白泰山避難小屋/二里観音
 こちらも霧で真っ白。
DSC06492
09:08 真っ白のなかに浮かぶコケの景色もいい
DSC06493
09:40 鍾乳洞入口
 赤沢山巻道途中。
DSC06494
09:58 日が差してきた
DSC06495
10:00 大きな岩
DSC06496
10:07 三里観音
 十文字小屋の登山道管理範囲はここまでだそうです。
DSC06497
10:42 初しゃくなげ
DSC06498
10:44 林道跡に出る
DSC06499
10:48 昨日の雨のしずくが付いて美しい姿でした
DSC06501
11:51 奥秩父林道分岐
DSC06502
11:51 四里観音避難小屋分岐
DSC06503
11:55 水場でペットボトルに水を汲む
IMG_1813
12:25 ここでお昼にしました
 汲んだ水でコーヒーをいれました。
DSC06504
12:25 四里観音避難小屋
DSC06505
12:26 左奥2分のところに水場があります
DSC06506
12:26 反対側のトイレ
 利用させていただきました。トイレットペーパは持参が必要です。
DSC06507
12:34 四里観音までの登り途中にあるシャクナゲ群生地
DSC06508
12:36 日当たりのいいところの花
DSC06510
12:51 目を見張る美しいコケ
DSC06511
13:13 四里観音到着
 10円が道に落ちていたので観音様にお戻ししました。
DSC06514
13:13 栃本分岐へ向かいます(登り)
DSC06515
13:17 上に栃本分岐が見えた
 入川/股の沢方面(左)はロープ等で規制していないようです。
DSC06516
13:22 バイカオウレンでしょうか
DSC06517
13:24 昨年も撮った景色
 もうすぐ十文字小屋。
DSC06518
14:36 十文字山
 十文字小屋にテント設営後すぐに行きました。小屋のおばさんは畑仕事中で、受付前のテント設営を了解いただきました。
DSC06519
15:03 十文字小屋を振り返る
 十文字山から下山後すぐに大山へ。入山前に冷凍したビール2本とおつまみをもっていきます。ビールはよく冷えた状態でした。
DSC06520
15:40 大山山頂手前の鎖場
 3つの鎖があり、岩壁は5段くらいあります。とっかかりが多いので鎖は使いませんでした。
DSC06521
15:45 大山山頂2225m
 山頂からは真っ白でなにも見えなかったが乾杯。
IMG_1815
15:46 山頂にはしゃくなげがたくさん咲いていました
IMG_1819
15:55 しゃくなげを愛でながら山頂での酒盛り
IMG_1820
17:47 小屋前のしゃくなげ
 小屋で受付してしばらく雑談したあと夕食調理前。
DSC06523
18:09 今晩はごはんを焚いてからレトルトカレーを温めます
IMG_1821


2020年6月8日(月)

05:20 朝から良く晴れたので、また大山に登りました
 360度の展望ですので反時計回りで撮影します。まず三宝山、左奥に甲武信岳。
IMG_1822
05:20 山頂に岩がちょこんと出た武信白岩山、左奥に雁坂嶺、破風山、右奥に甲武信岳
IMG_1823
05:20 中央に和名倉山、その右に雲取山
 雲海に見とれました。
IMG_1824
05:20 中央に白泰山、秩父市街方向
 ここも武甲山を含む秩父市街が沈む雲海に見とれました。
IMG_1825
05:21 雲海から両神山が顔を出しています
 右の白泰山から左の十文字峠に向かって続く尾根。
IMG_1826
05:21 埼玉、群馬県境の山々は雲海に埋もれる
IMG_1827
05:23 手前、十文字山、浅間山方向、それらの間に三国山
IMG_1828
05:23 左奥に八ヶ岳、さらにその奥に北アルプスが見えるか見えないか
 手前のふもとに毛木平が見える。
IMG_1829
05:23 奥秩父最深部
IMG_1830
05:54 山頂のしゃくなげ
DSC06534
05:54 山頂のしゃくなげ
DSC06535
06:02 大山から岩場を降りた後振り返る
DSC06536
06:35 大山から十文字峠に下山後、乙女の森を散策
IMG_1831
06:38 上から見下ろせるように梯子で登る展望所があります
IMG_1832
06:38 奥の方にもたくさん咲いています
DSC06538
06:38 日が当たる場所のしゃくなげ
IMG_1835
06:53 かもしか展望台から
 乙女の森分岐から、水場の沢を渡ってその先にあります。
IMG_1837
06:55 八ヶ岳が晴れているようです
IMG_1839
06:59 アップすると八ヶ岳南部がきれいに見えました
DSC06542
07:12 展望台への道途中にある水場の沢(上手)
DSC06543
07:12 展望台への道途中にある水場の沢(下手)
DSC06544
07:38 朝食はカリカリベーコン入りツナマヨパスタ
IMG_1840
07:54 コーヒーを飲んでから、そろそろ片付けに入ります
IMG_1843
09:02 小屋を出発
IMG_1844
09:04 朝から日当たりのいいコケ
DSC06546
09:06 細い緑の回廊を行く
IMG_1846
09:50 四里観音避難小屋手前のしゃくなげ
DSC06548
09:50 昨日よりもさらに咲き進んでいる印象
DSC06549
10:23 すっかり夏の青空です
IMG_1847
10:37 倒木地点1
DSC06551
10:54 倒木地点2
DSC06552
11:33 倒木地点3
DSC06553
11:43 三里観音到着
DSC06554
12:30 岩ドヤの始まり
DSC06556
13:52 のぞき岩からの展望リベンジ1
 南西方面。
IMG_1848
13:52 のぞき岩からの展望リベンジ2
 南側。
IMG_1849
13:52 のぞき岩からの展望リベンジ3
 南東方面。
IMG_1850
14:55 色鮮やかなキノコ
 やはり毒?。
DSC06557
16:03 白泰山登山口帰着
 帰りの方が長く感じた。。。
DSC06560

天候:
・1日目:曇り時々晴れ
・2日目:晴れ

アクセス:
・白泰山登山口路肩駐車スペース(無料)

コース状況/危険箇所等
・入川ルートの股ノ沢林道:今回のコースではないが昨年の台風19号から通行止めの噂があるものの、小屋番も最近まだ状況を見に行ったことがないとのこと。
・赤沢山の巻道など崩れやすい斜面がところどころあるので注意して進む。

その他周辺情報
・十文字小屋テント場:500円/張+500円/人
・十文字小屋その他設備:小屋前の水:50円/L、トイレ維持協力金:200円
 ※小屋入口にマスク持参装着をお願いする貼紙があります。
 ※手指消毒液は小屋にありました。
 ※小屋での受付、雑談時は常時マスクしていました。
・川又バス停公衆トイレ:開いています。きれいです。
・栃本広場公衆トイレ:開いています。きれいです。



【後記】ラジオはリアルタイムで聴けました。「私の山小屋わかるかな?」コーナーで(あたりまえですが)正解をインターネットからすぐに投稿して、石丸さんに正解した人としてヤマレコと同じペンネームの名前呼ばれました! ネタばれですが、甲武信小屋の山中徳治さん(おじさん)が十文字小屋も先代から引き継いでいるのはあまり知られていないですよね。