長沢背稜を歩いてみました。 年始に三ツドッケに日帰りで登って下調べをした上での実行でしたので不安はありませんでしたが、2日目、雲取山から一杯水避難小屋まではさすがにヘトヘトになりました。 結果、計画していた三ツドッケ山頂は今回パスせざるを得ませんでした。 今回で十文字峠から棒ノ嶺まで埼玉県境がつながりました。

ヤマレコ版

IMG_1626


2020年3月20日(金)

 国際興業バスでさわらびの湯から飯能駅まで移動後、西武特急で早めに西武秩父駅に向かう。 結果的に早めに行って正解。 三峯神社までのバスで座れなくなるところだった。
IMG_1561
 ガラガラでしたが、車内が豪華。 特急料金400円は安い。
IMG_1562
 三峯神社までの急行バス・バス停一番乗り。 待ち時間の間、近くのコンビニで行動食を調達。
IMG_1564
 三峯神社に到着後、先にお参り。
IMG_1565
IMG_1569
IMG_1572
10:04 三峯神社から入山
IMG_1573
11:07 妙法ヶ岳山頂に到着、
 霧藻ヶ峰の奥にちょうど見える長沢山(右)から連なる長沢背稜。
IMG_1575
11:07 山頂にある奥宮
IMG_1576
IMG_1578
IMG_1579
11:07 山頂からの展望、和名倉山
IMG_1577
11:11 奥宮への最後の登りが手ごたえのある鎖場です
IMG_1580
12:26 霧藻ヶ峰到着
IMG_1581
12:52 お清平到着
IMG_1583
13:50 前白岩山到着
IMG_1584
14:09 白岩小屋到着
 日に日に崩壊が進んでいる。
IMG_1585
14:10 小屋裏展望箇所から大きく見える和名倉山
 和名倉山の山頂右奥に三国山と白泰山、山頂左奥に雁坂嶺、甲武信岳と三宝山。
IMG_1586
14:12 その右側奥に両神山
IMG_1589
14:12 その左側奥に奥秩父縦走路の山々
 前飛竜、飛龍山から水晶山まで。
IMG_1590
15:01 鹿がたくさんいた白岩山到着
IMG_1598
 写真中央にいます。
IMG_1592
 右下あたりにいます。
IMG_1596
16:19 大ダワから男坂経由で
 雲取ヒュッテ(廃屋)隣の展望から白岩山と芋ノ木ドッケ。
IMG_1599


2020年3月21日(土)

05:54 雲取小屋のテン場でご来光
IMG_1601
06:19 雲取山山頂に向かう途中の鎌仙人レリーフ
IMG_1602
06:30 雲取山山頂
IMG_1604
IMG_1610
IMG_1609
06:31 富士山はうっすらと見える
 いちばん右は大菩薩嶺。
IMG_1605
06:33 前飛竜からの連なりが見れる飛竜山
IMG_1607
06:34 いちばん奥に甲武信岳が見えた
IMG_1608
07:48 女坂経由で大ダワへ
 テントを片付けて、山荘で水を確保し、長沢背稜へ向かう。
IMG_1612
08:18 芋ノ木ドッケ山頂に向かう長沢背稜分岐
IMG_1614
08:49 芋ノ木ドッケ山頂標識到着
IMG_1616
08:49 芋ノ木ドッケ山頂部
IMG_1618
09:01 芋ノ木ドッケ山頂を越えて少し降りたところに分岐
IMG_1620
09:11 このへんはなだらかでしたが・・・
IMG_1624
09:40 芋ノ木ドッケからの激下り
IMG_1625
10:35 その後の激登りで長沢山山頂到着
 この立派な東京都提供の標識が設置されている山の中では、ここが一番人が少ないのではと思う。
IMG_1626
11:14 水松山(あららぎやま⇒普通に読めません)へ向かう北側トラバース
IMG_1627
11:33 水松山山頂到着
 山頂標識は三角点にたてかけて置いているだけ。風で飛ばされそうです。
IMG_1630
12:01 植生回復地かと思ったら立派なヘリポートだった
 ここまでのアプローチがたいへんなだけに。。。
IMG_1633
12:24 絶望的に見える崩落個所
 遠目でダメかと思ったが何とか通れた。
IMG_1634
12:58 酉谷山山頂分岐
IMG_1637
13:25 分岐から長く感じた酉谷山山頂
 登りながら山頂に見えるところが3か所くらいあった・・・。
IMG_1639
13:25 三角点
IMG_1640
13:28 避難小屋に水をもらいに降りる
IMG_1641
13:52 酉谷山避難小屋
 すごいところに建ってるなと思う。奥にあるトイレがとてもきれい。
IMG_1642
13:52 おいしい水でした、水量も十分だと思う
IMG_1644
14:14 通った後振り返る
IMG_1646
15:00 七跳尾根分岐(手前)、通行止め
 酉谷山避難小屋、一杯水避難小屋もそうですが、日原へ向かう道はすべて通行止めになっていました。
IMG_1647
15:17 大平山が見えた
IMG_1648
15:38 ハナド岩からの展望1、南側
 左のピークは御前山、右のピークは鷹ノ巣山。
IMG_1649
15:39 ハナド岩からの展望2、南西側
 左のピークの鷹ノ巣山、右のピークは雲取山と芋ノ木ドッケ。
IMG_1650
15:39 ハナド岩からの展望3、西側
 左の芋ノ木ドッケ、白岩山から、右の酉谷山まで。
IMG_1651
15:39 ハナド岩から下を見る
IMG_1652
15:59 天目山山頂への分岐
 年始に行ったので天目山(三ツドッケ)山頂はパス。もう電池が切れそうなので・・・。
IMG_1658
16:49 一杯水避難小屋
 テント設営後、一杯水に行って戻ってきたところ。
IMG_1660
16:50 小屋の隣にテント張りました・・・
 小屋は先客1名。後からテント1名。結果、合計3名のご宿泊でした。
IMG_1661
IMG_1663


2020年3月22日(日)

05:57 小屋出発後に一杯水の前を通過
 ちょろちょろですが、おいしい水でした。
IMG_1664
IMG_1666
IMG_1667
06:14 ここから振返り見る三ツドッケはきれいな三つに見える
IMG_1668
06:24 ここから見る三ツドッケは形が少し変わる
IMG_1670
06:45 仙元峠分岐は巻きます
IMG_1671
06:55 蕎麦粒山山頂へ
 前回来た時も巻道(右側)は通行止めでした。
IMG_1673
07:09 蕎麦粒山山頂到着
 行動食休憩。
IMG_1675
07:35 大きな登り返しの後、蕎麦粒山を振り返る
IMG_1680
07:49 県境のゆったりとした稜線を歩く
IMG_1682
07:53 オハヤシの頭
 有間山への分岐点でもあります。
IMG_1684
08:00 日向沢の峰
 看板がとれたようです。岩に立てかけられています。
IMG_1687
08:08 すこし降りたところのウロが大きい木
IMG_1689
08:08 その反対側から降ります
IMG_1691
08:23 激下りのあと有間山へのトラバース道分岐に到着
IMG_1692
08:42 落合への下降点から有間川/名栗湖へ向かう
IMG_1693
08:59 いくつかの沢を横切ります
IMG_1696
IMG_1700
IMG_1701
09:03 途中の湧水地点
IMG_1698
09:12 沢の途中のきれいな滝つぼ
IMG_1704
IMG_1706
IMG_1708
09:35 林道に出た! 小指から出血!(少し)
IMG_1709
09:37 降りてきた沢を振り返る
 深い谷のためGPSがまったく役に立ちませんでした。
IMG_1710
09:37 林道は2つに分かれているが右側の林道を降ります
 左側は有間山に向かって登っていき、有間峠への林道に合流します。
IMG_1711
09:37 こちらは棒ノ嶺の方へ向かって登っていく林道
IMG_1713
10:11 林道を降りるとこの手前に車が1台ありました
IMG_1714
10:12 隣にテントを張った形跡が
IMG_1716
10:32 左から降りてきましたが、ここでも通行止め?
 さっきの車含めて複数台がこの内側に駐車していたのだが
IMG_1718
11:06 ここから蕨山の尾根に上がれるようです
IMG_1719
11:09 大ヨケの滝
IMG_1721
IMG_1725
 ちょうどシーズンだ。
IMG_1728
 有間ダム管理所にて
IMG_1732
IMG_1734

天候:
・晴れ

アクセス:
・さわらびの湯 第3駐車場 無料
・国際興行バス 河又名栗湖入口6:02~飯能駅6:45 629円(Suica)
⇒空いていた。
・西武秩父線(特急) 飯能駅7:04~西部秩父駅7:41 409円(Suica)+特急料金400円
⇒空いていた。
・西武バス三峯神社線(急行) 西武秩父駅8:30~三峯神社9:45 930円(Suica)
⇒駅前⑤番バス停到着時は誰もいなかったが、バス出発時は混雑し、通常の路線バス車両ということもあってか、座れない人多数。早めに並ぶことをお勧めします。
・雲取山荘 テント場 500円
⇒冬季に山荘でもらえる水は1泊あたり1リッターです。あとはペットボトルの水を買うしかありません。400円/500ml、700円/1リッター。※缶ビール500円/350ml。

コース状況/危険箇所等
・特に芋ノ木ドッケの巻道、雲取山荘~雲取山山頂間、その他北側斜面:登山道が氷の斜面となっているので最低チェーンアイゼン必須。
・長沢背稜:東京都側のトラバース道で崩落個所複数、長沢山~水松山区間は北斜面の埼玉側を巻くため積雪があり、かつ歩行者が少ないためコースがわかりにくかった。
・日向沢の峰から下ったあと落合下降点(送電鉄塔新秩父50号手前)~有間川と林道の交差地点まで:崩落個所複数、林道に出るすぐ手前の堤防横に張られたトラロープ場でトラバース中に足元が崩れ、滑落しそうになる。⇒幸い小指軽負傷程度。また、このコースは谷が深いためGPSが機能しませんでした。崩壊箇所が多いためビニルテープのマーキングと地形読みなどから総合的に進むべき方向を判断する局面が多々あります。
・有間ダム管理所前の土砂崩れ修復工事中のため名栗湖北側道路は歩行者含め通行止めです。名栗湖南側道路は車両含め迂回通行可能。落合の観光釣場はたくさんのマイカーが入っていて大盛況でした。

その他周辺情報
・さわらびの湯 800円/3時間