周助山から始まり、子の権現で飯能アルプスに合流する尾根を歩いてみました。 前日までの雪で秩父や奥多摩の高い山々は遠くからみても雪化粧でしたが、低い山も雪が少なからずあり、昼に近づいて暖かくなると木の上の雪や氷が爆弾のように落ちてくる状況でした。 最近はスキーに度々行っていたので久々の山行ということもあり、計画から少し変えて子の権現からエスケープして浅見茶屋に向かいましたが、残念ながら臨時休業でした。後でホームページをみたらコロナウイルス感染拡大による営業日縮小(主に日曜日を休業)とのことです。事前に確認しておくべきでした。。。

ヤマレコ版

IMG_1554


2020年3月15日(日)

08:29 民家の間から入る
DSC06299
08:31 斜面を登り始めるところからコンクリート路面
DSC06300
08:33 コンクリート路面が途切れたところから急登
DSC06301
08:36 急登右手に大きな岩
DSC06303
08:37 ところどころにあった
DSC06304
08:45 尾根に出る
DSC06305
08:52 山頂が見えた
DSC06306
08:52 周助山山頂到着
DSC06307
DSC06308
08:56 先は、はっきりとした道が続く
DSC06309
09:03 快晴!
DSC06310
09:06 少ないが、疎林では雪が積もる
DSC06311
09:13 登戸(ノボット)山頂到着
DSC06314
09:14 三角点があった
DSC06316
09:22
DSC06318
09:33 伐採地
 林道に近いので重機でやっているようです。
DSC06319
09:38 重機が入る道をつかって林道へ出る
DSC06320
09:38 少し尾根の方向に戻って林道反対側から尾根にとりつき
DSC06321
09:41 しばらく急登が続く
DSC06322
09:52 ここにも
DSC06323
09:52 写真では伝わらないが上から雪や氷が爆弾のように落下
DSC06324
09:58 こんなふうに木の上にある雪が解けて落ちるようです
DSC06325
10:04 仁田山山頂から少しの展望が
DSC06327
10:06 仁田山山頂を降りてすぐのところの電力鉄塔
 ここの尾根を降りると楢抜山に行った時の仁田山峠にでる。
DSC06328
10:07 尾根を外れて竹寺方面へ
DSC06329
10:17 電力線を避けるための伐採地で展望が広がる
 高いところが棒ノ嶺。
DSC06330
10:17 県境は雲にのまれているが、横に広い有間山と蕨山は見える
DSC06331
10:17 しばらく電力線に沿って稜線を行く
DSC06332
10:28 ここで電力線とお別れし、右の方へ
DSC06334
10:28 大持山、小持山、武甲山、武川岳
DSC06335
10:28 ここは比較的雪が多かったので雪だるまを作った
IMG_1547
10:49 竹寺到着
 もう少し下に降りたところにお寺の建物が複数ある。
DSC06336
10:49 神仏習合のお寺らしい
 ご本尊(本殿)は神社に見えます。
DSC06337
10:49 下の建物でお食事やお飲み物があるようです
DSC06338
11:00 竹寺から登り返して集落が見下ろせるピークに鐘がある
IMG_1548
11:11 謎のアンテナ
 電線が通っていないので電力を使わないものらしい。
DSC06340
11:11 街を見通せる谷の方に向いている
DSC06341
11:13 アンテナを囲う柵に「大名栗のタル」と書かれた札
DSC06343
11:23 豆口峠到着
DSC06344
11:23 豆口峠の道標
DSC06345
11:46 謎の電力線が尾根を越えている
DSC06346
DSC06347
DSC06348
11:58 子の権現到着
 手前に梅がたくさん咲いていてハイカーがたくさんいました。
DSC06349
11:58 ここに来るまでは人に会わなかったがここは人が多い
 ここでカップラーメンとおにぎりの軽い昼食休憩。
DSC06350
12:33 浅見茶屋に降りたら臨時休業でした・・・
 そのまま吾野駅に向かう。
IMG_1550
12:33 こちらも梅でした
IMG_1551
12:39 民家の庭にみつまたが咲く
IMG_1552
12:50 東郷公園近くで梅が満開
IMG_1554
 西武池袋線で飯能駅近くの駐車場に帰着。
IMG_1556

天候:
・晴れのち曇り

アクセス:
・三井のリパーク 飯能銀座通り:入庫後24時間以内650円
・国際興業バス 飯能駅8:00⇒原市場中学校8:25:451円(Suica)
・西武池袋線 吾野駅13:09⇒飯能駅:242円(Suica)

コース状況/危険箇所等
・昼近くになると前日までの雪が木の上から爆弾のように降り注ぐ
・そのため、道が濡れてくることから泥質の道は滑りやすかった

その他周辺情報
・行田・湯本天然温泉 茂美の湯 700円(土日祝、JAF会員割引後)⇒自宅近辺