材料は前シーズンモデルで安く入手していたのですが、今シーズンは雪不足ということもあり、組み立てを始めるところで腰が重くなっていましたが、もうそろそろ組み立てることにします。
 325mmのソールなので330mmに合わせますが、まだ今のブーツ(317mm)も使いたいこともあり結果的に320mmで調整しました。
IMG_1419
 ビンディングに付いてきた位置決めシートをスキー板に固定し、所定の位置にポンチで印を付けます。
IMG_1420
 ドリルはこんな感じで貫通事故を防止します。
IMG_1421
 3mmで仮穴を空けてから4mmで穴を広げます。
IMG_1422
 ネジロックを塗って取付完了。
IMG_1423
 登坂モード。 それから、解放値も調整。
IMG_1424
 穴あけ手順化。 まず3mmで仮穴を空けて。
IMG_1425
 4mmで穴を広げる。
IMG_1426
 穴にネジロックを注入し取付。
IMG_1427
 次はシールのトリミング。
IMG_1428
 付属していたトリマーでカット完了。 簡単でした。 流れ止めをビンディングに取り付けて完了。
IMG_1429
 なかなかいいですね。 シールは夏の間は冷凍庫での保管が推奨されています。
IMG_1430
 テックビンディングと比較して重いのがデメリット。 ひとまず入門はこれで。
IMG_1431