子供のiPhone4のバッテリーが拡張して以下のようになっていました。 すでに新しいiPhone を使用しているので捨ててもいいのですが、思い入れがあるらしくとっておきたいということなので治してみることにしました。
DSC06158
 インターネットで手順が公開されているので詳しくは記載しませんが、底面の特殊なビスを2本外して上にスライドすると裏ブタがとれる構造になっています。 ビスが極小で老眼にはつらい作業です。 拡大鏡を使用しています。
DSC06159
 バッテリーと本体を接続しているコネクタを固定しているビスを1本外します。
DSC06160
 こんなに拡張していたようです。
DSC06161
 ビスを取ってからコネクタを細いマイナスドライバとかで上に持ち上げると外れます。
DSC06162
 あとは、バッテリーが本体と粘着シールでほぼ全面的に張り付いているので、バッテリの周りを少しずつ持ち上げて外します。
DSC06163
 逆の手順で新しいバッテリーを取り付けて、裏ブタを取り付けて完成。 ひとまず充電します。
IMG_1400
 電池はもう1つのiPhone4から移植したが、移植元も直そうと思いiPhone4の電池を探したら売っていたので入手して組み込んでみた。
IMG_1412
 一応直ったものの・・・
IMG_1413
 一回落としているようなので裏ブタの修復作業中に簡単にヒビが入ってしまったorz
IMG_1414