昨年末、重大な忘れ物で行けなかった天目山が登り初めとなりました。 「天目山」というと武田勝頼がその山麓で自刃した山梨県の方が検索でひっかかるので、三ツドッケの天目山と言った方がよいかもしれません。 今回の登山、開始から終了まで誰にも会いませんでした。 良天で風が無かったので、穏やかな日和でとても静かな山行でした。
 仙元尾根は、作業道への分岐が多いため、登りで迷いやすい要素があるようです。 天目山山頂は最近伐採したのか、展望がいい場所でした。 奥秩父主脈縦走路含めて全般に言えることですが、この時期は登山道の上の落葉が深く、ほとんどが急斜面のトラバースでかつ狭いので道の肩がくずれているところもあり慎重に歩く必要がありました。 一度足を滑らせたらたぶん止まらないと思いますので・・。
 登山口周辺の温泉は、年末年始料金で若干お高いので、汗をあまりかかなかったこともあり、自宅に戻ってから汗を流しました。

ヤマレコ版

DSC06134


2020年1月3日(金)

06:26 駐車場にあるトイレは3/10まで冬季閉鎖
DSC06077
06:39 浦山大日堂の手前から入山
 裏参道は落石の危険があるため、表参道で大日堂まで行き、裏参道を少し戻って入山。
DSC06079
07:10 急斜面を登り切って一息
 最初は霜の降りた急斜面を1つめの電力鉄塔下あたりまで登る。
DSC06080
07:27 843.5mの三角点
DSC06081
07:40 三ツドッケが見えた
DSC06082
07:55 仙元尾根の登山道は全般的に狭い
DSC06083
08:04 登山口は川俣という地名らしい
 ダムができる前の地名でしょうか。
DSC06084
08:16 明治神宮?
 この看板で右に折れる。
DSC06085
08:38 仙元尾根上に右から上がってきたところを振り返る
 帰りはまっすぐ行ってしまいそうだがトラロープで規制されている。
DSC06086
08:39 冷えるが今日も天気がよさそう
DSC06087
08:41 こちらの角度からは三ツドッケらしい形
DSC06088
08:53 東側がえぐれるように崩落している
 最近のもののようです。足元はいつ落ちてもおかしくない。
DSC06090
08:53 東側の崩落で見通しがいいため有間山の尾根が良く見える
DSC06091
08:53 進行方向
 帰りに崩れていたらどうしましょう。
DSC06092
08:54 振り返った方向
 来年台風がきたらもっとひどくなりそう
DSC06093
09:02 残雪が現れた
 ここもやたらと急斜面。チェーンアイゼン持ってきたが、雪がまだやわらかいのでそのまま頑張ってみる。
DSC06094
09:35 仙元峠(天目背稜)到着
DSC06095
09:35 このルート、今は全般的に踏み跡が薄いが、昔はよく使われていたらしい
DSC06096
09:36 三ツドッケ方向に降り始め、峠を振り返ります
DSC06097
09:38 少し降りて仙元峠をまた振り返る
DSC06098
09:38 南側は、わかりにくいが富士山が見える
DSC06099
09:39 北側は、浅間山と武甲山が見える
DSC06100
09:44 仙元峠西側の巻道分岐
DSC06101
10:09 登山道は東京都側で小さなピークを巻くようにほぼ水平に続いています
DSC06103
10:12
DSC06104
10:12 進行方向に雲取山
DSC06105
10:38 道を間違えたようで、一杯水に向かって沢を登っているところ
 落石が怖いので早々に登る。
DSC06106
10:40 沢沿いに登って一杯水到着
DSC06107
10:40 やっぱり凍っているか
 水は十分持参したので大丈夫だが、一度飲んでみたかった。
DSC06108
10:44 避難小屋に到着したようです
DSC06109
10:45 だれもいません、きれいです
DSC06110
10:49 和式のトイレ(右の扉)を使用しましたが、においもなくきれいでした
DSC06121
11:14 踏み跡が薄い急斜面を登り天目山山頂到着
 昼食(カップラーメン)休憩します。
DSC06122
11:15 山頂標識と武甲山(標識左)
DSC06124
11:15 北の赤城山が見えた
DSC06125
11:16 東の筑波山も見えた
DSC06126
11:16 南の富士山がきれいに見えている
DSC06128
11:16 西の雲取山も良く見える
DSC06129
11:17 東側に三角形の蕎麦粒山
DSC06130
11:17 蕎麦粒山から時計回りで川苔山、大岳山など
DSC06131
11:17 さらに時計回りで遠くに丹沢山塊が見える
DSC06132
11:17 さらにさらに時計回りで富士山まで
DSC06133
11:18 天目山の三等三角点(最近好きなアングル)
DSC06134
11:35 この山頂標識は触ってみたら陶器と思われた
IMG_1397
12:02 天目山から東側県境を踏みつつ下り登山道に合流
DSC06135
12:10 振り返ると行きに間違えた左のコース
 一杯水の30mくらい下で行き止まりになりました。途中で上の登山道に合流している分岐があったのかもしれません。
DSC06138
12:28 立派なぶなの木
DSC06139
12:34 ここの角度から見ると三ツドッケらしい形
DSC06143
12:41 東京都側を巻く登山道は肩が崩れかけているところもあり慎重に
DSC06144
12:42 仙元峠西側の巻道分岐に戻り、蕎麦粒山まで巻道を行きます
DSC06145
12:50 帰りに利用する仙元峠東側の巻道分岐
DSC06146
13:02 県境に沿って少し登って蕎麦粒山山頂到着
 蕎麦粒山の巻道は枝が横に通せんぼしていて、通行止めのように見えた。
DSC06147
13:03 山頂から、日向沢の峰、川苔山を見下ろす
DSC06148
13:14 行動食休憩した
DSC06149
13:15 こちらも三等三角点
 蕎麦粒山は山頂標識が見当たらないが。
DSC06151
13:15 標高はここに記載されています
 鳥海山の山頂を思い出した。
DSC06152
13:29 東側の巻道分岐から仙元峠まで登る
DSC06153
13:35 仙元峠到着
 仙元尾根を下って帰ります。
DSC06154
14:53 仙元尾根の下から3番目の鉄塔下から
 蕎麦粒山(左)と三ツドッケ(右)が揃って見えたので手を振って「さようなら」と言った。
DSC06155
15:07 843.5mの三角点に戻ってきました
DSC06157

天候:
・晴れのち曇り

アクセス:
・浦山大日堂バス停駐車場(無料)
⇒トイレがあるが3/10まで冬季閉鎖中。

コース状況/危険箇所等
・仙元尾根で東側にえぐれたような新しい崩落個所あり。(雪庇のようになっている)
⇒復路で仙元尾根西側斜面に新たな登山道(というか雪上トレース)を発見。
・仙元尾根は作業道らしき分岐がたくさんあり、落葉が深いことも原因で間違いやすい。
・仙元尾根の北側となる急斜面に霜が降りていて、日中になると溶けて滑りやすくなる。
・深い落葉の下にある浮石、太い枝、トラバースしている登山道の肩には注意が必要。