北か南アルプスを検討していましたが、本州に停滞する前線で不安定な天気予報が続いていたたため、前々から計画していて比較的予報が安定している東北の飯豊山に出かけることにしました。 飯豊山は初めてでしたが、全般的に登山道が良く整備されていて歩きやすかったです。 2000m級の連峰ですが、3000m級の縦走路に負けない個性的な景観があり、稜線の途中に岩峰や鎖場があったりと面白みもあります。 それほど意識していなかったですが、登山道が良いせいか、上り下りともに計画より早い到着でした。 登山道沿いか近くに水場が豊富なのも良いと思いました。 喜多方市街から入山口のある川入までの道路もよく整備されていて車でのアクセスも快適でした。 途中に宿泊もできる「いいでの湯」があります。 川入まではバスの便があるようです。 川入集落には宿が多く、登山だけでなく川釣り目的の客も来るようです。
 小屋の管理人さんに聞いた話では、これまでほとんど雨で人手が少なかったが、土曜日は久々のお天気でだいぶ人が増えた。 しかしながら通常よりまだ少ないと言っていました。 駐車場の車が思ったより少なかったので、最近のお天気による影響があったのかもしれません。
 天気予報にも出ていましたが全国的にどこも山頂付近は強風で稜線にあるテント場は夜間通しで強風でしたが、テントをしっかり固定し、過去に蝶ヶ岳で台風並みの強風の経験もあるためか今回は快適に就寝できました。 しかしながら夕食時はテントの底が強風に煽られ、味噌汁が吹っ飛びテント内が大変なことに。 端に溜まる味噌汁を横目に落ち着いて夕食を平らげてから1時間くらいかけて片付けました。 シュラフは幸い瞬時によけて助かりましたが代わりに犠牲になったバックパックから山行中は味噌汁の香りが漂っていました。。。

ヤマレコ版

IMG_0992


2019年8月31日(土)

 前日に地元の温泉で平日の疲れをとる。
IMG_0972

05:40 御沢小屋跡あたり
 05:30くらいに駐車場を出発。
DSC05494
06:30 上十五里
DSC05497
07:11 横峰小屋跡
DSC05498
07:12 下南沢へ通じる作業道分岐(右)
DSC05499
 作業道はこんな感じ。
DSC05500
07:47 南西方向
DSC05506
07:49 南東方向
DSC05508
07:49 進行方向(北西)
DSC05509
07:52 
DSC05510
07:52 
DSC05511
07:54 
DSC05512
07:54 三国岳に続く岩峰の始まり
DSC05513
08:01 青空が
DSC05514
08:04 続く岩峰
DSC05515
08:06 岩峰に咲く
DSC05516
08:13 剣が峰
DSC05517
08:23 下に水場があるらしい
DSC05518
08:30 三国小屋に着いた
 少し休憩。管理人さんによると久々の青空とのこと。
DSC05519
08:44 三国小屋を振り返る
DSC05520
08:57 
DSC05522
09:13 三国小屋を振り返る
DSC05525
09:19 七森到着
DSC05526
09:23 進行方向
DSC05527
09:42 振り返ると三国小屋がまだ見える
DSC05528
09:46 種蒔到着
DSC05531
09:46 切合小屋が見える
DSC05532
09:54 
DSC05533
09:56 
DSC05534
10:01 奥に見えるのは草履塚
DSC05535
10:02 地蔵岳方向への分岐、手前の方向へ
DSC05536
10:06 切合小屋到着
DSC05537
 右側に映る外トイレを利用させていただく。
DSC05538
10:34 
DSC05540
10:45 草履塚到着
 古来参拝者がここで履き替えた草履が山になっているとのこと。
DSC05541
11:01 テント場手前のピーク、一ノ王子
DSC05543
 行ってみたら、てっぺんにあるのはただの石積みだった。ここも古来参拝者によるものだろうか。
DSC05544
11:03 飯豊山の西の稜線、右のピークは駒形山
DSC05545
11:09 御秘所
DSC05546
11:56 一ノ王子への御前坂を登る途中、草履塚を振り返る
DSC05547
12:07 本山小屋到着
 テントの手続き。
IMG_0973
 飯豊山神社奥宮。あとでお参りした。
IMG_0975
13:07 テントを張って水汲みのあと山頂に向かう
 再び本山小屋へ。
DSC05548
13:12 本山小屋を通過して見えた飯豊山山頂
DSC05550
13:26 いったんガスッていた山頂を通過し駒形山まで行く
DSC05551
13:43 一ツ石尾根の方向
IMG_0976
 歩いてきた尾根の方向。
IMG_0977
13:46 駒形山には山頂標識がなかったのでしばらくして戻る
DSC05558
13:50 飯豊山山頂へ
IMG_0978
14:04 飯豊山山頂2105m
IMG_0979
 三角点。
DSC05564
14:08 ちょっと明るくなるまで待ってみたが
IMG_0983
14:12 結局テント場へ戻ることに
IMG_0984
14:23 テント場に戻る途中、本山小屋手前
IMG_0986
15:45 風が強くなってきたので張網を点検
IMG_0987
17:39 トイレにメッセージがたくさん
 「はぐる事」→おそらく福島の方言
IMG_0988
17:50 飯豊山と夕日
 本山小屋の裏から。
IMG_0992
17:51 テント場の方向
 本山小屋の裏から。
IMG_0993
17:56 刻々と変わる飯豊山と夕日
 本山小屋の裏から
IMG_0996
18:19 夕食
 風が強いので前室で調理。このあと悲劇が・・・。
IMG_0997


2019年9月1日(日)

05:01 朝ラー
IMG_1001
06:00
 05:40頃テント場を出発。
DSC05569
06:10 飯豊山から西に延びる稜線を振り返る
DSC05570
06:10 草履塚に向かう
DSC05571
06:16 草履塚手前の岩稜
DSC05572
06:34 御西岳が見えそうで見えない
DSC05573
 駒形山は見える。
DSC05574
 御西岳の上空にぽっかり。
DSC05575
07:03 切合小屋裏にあるテント場
 狭いですね。ここに張る人はあまりいないでしょうけど。
DSC05577
07:05 分岐と種蒔山
DSC05578
07:21 種蒔到着し振り返る
DSC05582
 先の4つめのピークに三国小屋
DSC05583
07:23 ミヤマクルマバナ
DSC05585
07:37 七森到着
DSC05586
08:17 三国小屋の先に続く岩稜
DSC05587
08:23 剣が峰到着
DSC05588
 三国小屋(三国岳)を振り返る
DSC05589
08:44 地蔵山下分岐、右へ
DSC05590
08:51 地蔵水場(峰秀水)
 行きにもお世話になった冷たくておいしい水でした。
DSC05591
09:20 笹平到着
DSC05592
09:36 上十五里到着
DSC05593
09:49 中十五里到着
DSC05594
 けっこう広い。
DSC05595
09:58 下十五里到着
DSC05596
10:17 御沢小屋跡の登山口到着
 振り返って無事を感謝。
DSC05597
10:24 駐車場帰着
DSC05598
12:41 「いいでの湯」寄った後、喜多方ラーメンの「はせ川」
 あ・・・朝もラーメンだった。
IMG_1005
 前来たときは醤油だったので今回は、しお中華そば味玉小チャー830円。
IMG_1002
IMG_1003
IMG_1004
13:22 帰りの途中、磐梯山SAから磐梯山
 山頂がガスッているみたい。
IMG_1007
 途中、那須の用事でいったん降りてから帰宅。 高速道路は車の量が多かったがギリギリ渋滞しなかった。

天候:
 1日目:曇り時々晴れ、2日目:曇り時々晴れ
アクセス:
 ・御沢野営場の駐車場:無料
 ・一ノ王子キャンプ場:1000円
  ※本山小屋管理で、小屋から5分程度南に離れている。
  ※日付印を押した荷札のようなものをもらってテントに付ける。
  ※土地は神社が所有している。(聞いてもいないのに管理人さんが教えてくれた)
  ※テント泊はトイレ初回のみ100円投入とのこと。
  ※一ノ王子から数十メートル東側へ下ったところにパイプ2本から湧出する
   水場がある。水量は少ないので1リッター溜めるのに数分くらいかかる。
コース状況/危険箇所等
 ・岩峰や鎖場で慎重に行動すれば、その他の登山道は良く整備されていて安全。
その他周辺情報:
 ・いいでの湯:500円
 ・はせ川(喜多方ラーメン)営業は11:00~
  ※12時頃に到着したら車が並び始めていて、名前を書いてから30分くらい待った。