計画では、栂池から入り小蓮華岳、白馬三山を縦走して鑓温泉経由で猿倉に下る3日間の予定でしたが、2日目白馬三山稜線のガスり方がひどく、杓子岳に向かう途中で少し頂上山荘まで引き返し、白馬大雪渓経由で猿倉にエスケープしたため2日間の行程となりました。
 前回山行で2回目の鑓温泉に行ってますし、月曜日に会社の休みを取ってまで過去に行ったことのある三山をガスの中縦走するのがもったいないという思いです。 杓子岳に向かう途中に出会った雷鳥の親子が私の決断を促してくれたのだと思います。 戻る途中にまた会ったのでお礼を言いました。
 栂池は初めて行ったのですが、ゴンドラやロープウェイからみたゲレンデ斜面が非常に面白そうでした。岩岳、八方、47、五竜、さのさか などこの辺はほとんど滑りに行っているのに、ここだけノーマークでした。冬シーズンになったら行ってみたいと思います。
 大池のテント場は、大池が見える場所でまったりしたかったのですが、植生保護のため池のほとりは幕営禁止となっていました。残念です。 土曜日なので混んでいましたが、前回山行の唐松岳テント場のような許容数を大幅にオーバーする状態ではありませんでした。

ヤマレコ版

IMG_0961


2019年8月24日(土)

09:24 自然園(栂池平)の登山道入り口、建物の間から
DSC05380
10:01
DSC05386
10:04 銀名水
DSC05388
10:26 天狗原
DSC05393
10:28 オオシラビソの紫色の実
DSC05396
10:32 風吹大池への分岐
DSC05399
10:50 乗鞍岳への登り途中で天狗原を見下ろす
DSC05401
11:07 乗鞍岳への登り途中の雪田
DSC05402
11:17 乗鞍岳山頂の方向
DSC05404
11:25 乗鞍岳山頂のケルン
 最高点2456mは立入れない左手の方にあるようです。
DSC05405
11:29 白馬大池と山荘が見えた
DSC05407
11:41
DSC05410
11:47 大池北端から船越ノ頭の方向
DSC05412
15:49 大池の西岸から山荘と別棟の外トイレ
 ここは立ち入りはできますが植生保護のため幕営禁止でした。
IMG_0951

17:20 本日の夕食
 夕方強めの雨が降りました。夕食は途中からテントの中で。
IMG_0952


2019年8月25日(日)

04:59 船越ノ頭
 全体的に雲が多いですが日の出の方向は雲がとれています。
DSC05416
05:01 白馬大池を振り返る
DSC05417
05:05 小蓮華山の方向
DSC05422
05:09 トウヤクリンドウ
 船越ノ頭の南側はたくさん咲いていました。
DSC05425
05:13 やっと日が出た
 当日の日の出予定時間は05:07。
IMG_0955
 小蓮華山の方向
IMG_0956
 少し赤みがかってきた。
DSC05427
05:22 栂池平の自然園を見下ろす
DSC05429
05:30 モルゲンロート発生
DSC05432
05:31 白馬大池/日の出の方向が幻想的
IMG_0958

05:38
DSC05433
05:44
DSC05434
05:45 小蓮華山頂2766m到着
DSC05436
 もうちょっと高いところは立ち入り禁止。
IMG_0961
05:49 白馬岳の山頂は雲に隠れている
DSC05438
 A沢、白馬沢を見下ろす。
DSC05439
05:52 小蓮華山を振り返る
DSC05440
 白馬村の方は雲海になっています。
DSC05442
06:08 小蓮華山を振り返る
DSC05444
06:09 相変わらず雲に隠れる白馬岳
DSC05445
06:26 三国境に到着
 行動食休憩、稜線は風速10m程度の風が吹くがここは弱い。
DSC05448
06:46 時々雲が晴れたとき振り返る
DSC05449
 進行方向も時々雲が晴れる。
DSC05450
07:07 白馬岳山頂2932m到着
 2回目。今回はガスガス。
DSC05452
 強力伝説の山座同定盤。
DSC05456
07:28 白馬山荘到着
 手がかじかむので手袋装着。
DSC05457
 ジョッキ生ビールの誘惑を断ち切る!
DSC05458
07:43 ガスっているので出会うとは思っていたが、子供3羽を守る親鳥
 杓子岳に向かう道の途中で、「こんなにガスッているのに行くんですか?」(雷鳥)
DSC05461
07:51 「そうですね、ありがとう」(私)、「・・・」(雷鳥)
 計画変更を決断したあと。
DSC05463
07:54 白馬岳頂上宿舎から下山途中
 前回来た時も花がたくさんでした
DSC05465
08:13 白馬大雪渓に向けて下っていきます
DSC05468
08:15
DSC05470
08:16
DSC05472
08:28
DSC05479
08:37 雲がとれてきたので避難小屋の前でレインウェアや手袋をしまう
DSC05481
 避難小屋は、開けてみるとずいぶん狭い。
DSC05483
08:48 雪の厚みがあり迫力がある景色
DSC05484
09:05 雪解け水の沢を渡ります
DSC05485
09:11 大雪渓の上端にポッカリ空いた大きな穴
 左脇にいる人が危なっかしいですね
DSC05486
09:27 大雪渓を横目に行けるところまで登山道を使います
DSC05487
 ところどころ落石が。雪渓をチェーンアイゼンで速めに通過し、以降ほとんどがスルズルの登山道を下りました。
DSC05488
10:20 白馬尻小屋から小蓮華山を見上げる
 パトロールが出発したところで、遭難者がでたようです。
IMG_0962
11:01 猿倉に向かう道から白馬岳
 天候は非常によいですが、山頂はまだガスっているようです。
DSC05490
11:51 猿倉荘到着
IMG_0963
 帰る途中、今回も「道の駅 雷電くるみの里」の「くるみおはぎ定食」をいただきに行ったら昼過ぎで売り切れ・・・orz 安かったミニイチゴとミニトマト買って、水汲んで帰りました。


天候:
 1日目:曇り時々晴れ、夕方一時雨、2日目:晴れ(白馬三山山頂はガス)
アクセス:
 ・猿倉駐車場(無料)を利用
 ・アルピコ交通・猿倉線(注:8/26~平日運行しません)
  https://www.alpico.co.jp/access/hakuba/sarukura/
  猿倉 7:40~八方BT 8:02 930円
 ・アルピコ交通・栂池線
  https://www.alpico.co.jp/access/hakuba/tsugaike/
  八方BT 8:10~栂池高原 8:36 520円
 ・栂池パノラマウェイ
  https://www.nsd-hakuba.jp/green/tsugaike/panoramaway.html
  栂池高原~自然園 片道1920円+手荷物(16.8kg)片道300円+30円
 ・白馬大池山荘
  テント1200円
  ※もらったビニール紐をテントに着ける。外に飲用水タンク有。外トイレ有。
コース状況/危険箇所等:
 ・この時期の白馬大雪渓は雪解けが進み、通るところが限られるので、不安定なズルズルの登山道を半分くらい歩きます。強引に雪渓の残雪を歩き続ける方もいましたが、落石や踏み抜き落下の可能性があり非常に危険だと思います。下り利用でしたが軽アイゼン以上の滑り止めがあると歩きやすく安全です。また、歩行スピードが格段に上がります。
その他周辺情報:
 ・白馬大池のテント場はドコモNG。
 ・おびなたの湯 600円(JAF割500円)
  ※リンスインシャンプー/ボディシャンプー有、洗い場3つ