登山下山中、曇り予報でしたが、時々にわか雨が降る中、3名で平ヶ岳にいってきました。 私以外、仮名でvitz811さん、Yacchさんとお呼びします。
 山頂近くでは晴れ間が時々覗き、想定した以上の良い天候のなか、期待通り花が豊富で満足です。 3年前に初めて行った時と同様、山頂の美しさと達成感が記憶に残る山行でした。
 なんとか日が落ちる前に登山口に帰着できました。。。 燧の湯に入ってから、家(埼玉)まで帰路が長い。 着いたのは仮眠を繰り返しながら翌日2時頃。 数日は尾を引きそうです。

ヤマレコ版

DSC05184_2


2019年7月15日(月)

キャンプ場で前夜祭(Yacchさん撮影)
平ヶ岳~泥んこ祭り_1

05:20頃 鷹ノ巣登山口から入山(vitz811さん撮影)
泥祭り 2_16

05:58 滑りやすいヤセ尾根を行く
DSC05142

05:59 緊張の合間、安らぎの花々
DSC05143

07:08 霧が高度感を和らげます
DSC05145

07:24 下台倉山到着
 激登りはいったん落ち着く。
DSC05146

07:55 モウセンゴケに雨粒が飾られてきれい
DSC05147
DSC05147_2

08:02 ギンリョウソウ
 今シーズン初の出会い。
DSC05148

08:06 アカモノ
DSC05149

08:06 ヨウラクツツジ
DSC05150

08:10 ハクサンシャクナゲ
DSC05151

08:14 ゴゼンタチバナ
DSC05152

08:16 ツマトリソウ
DSC05153

08:34 台倉山到着
 山頂標識はなし。ちょうどいい椅子になる三角点のみ。
DSC05154

08:50 マイヅルソウ
DSC05155

08:50 日が出てきた
DSC05156

08:55 台倉清水
 今回も場所が不明。
DSC05157

08:41 白沢清水
 今回、水はキレイですが・・・。
DSC05158

09:42 白沢清水標識
DSC05159

10:23 北側の尾根が姿を現す
DSC05160

10:38 タテヤマリンドウ
DSC05161

10:41 北側の尾根
DSC05162

10:43 池ノ岳方面(進行方向)
DSC05163

10:47 南側の平ヶ岳山体が少し見える
DSC05167

10:47 (花名ど忘れ・・・)
DSC05168

10:54 平ヶ岳山体が・・・
DSC05169

10:56 池ノ岳最後の登り
DSC05170

11:03 イワカガミ
DSC05171

11:12 池ノ岳山頂到着
DSC05172

11:17 チングルマがたくさん
 今シーズン初見。
DSC05173

11:24 平ヶ岳山頂へ向かう
DSC05175

11:45 チングルマは草でなく木です
DSC05176

11:47 もう少しで山頂
DSC05177

11:48 祝福の青空(と思う)
DSC05178

11:50 3年ぶり
DSC05179

11:50 平ヶ岳山頂(三角点)到着
DSC05180

11:55 広々とした山頂周辺
DSC05181

11:56 ワタスゲ
DSC05182

12:01 山頂の先にある最高地点2141m
 その後、山頂三角点前の板の間に戻り昼食休憩。
DSC05183

12:58 水場から玉子石に向かう途中のハクサンコザクラ
DSC05184
DSC05184_2

13:03 水場から玉子石方向に登り返す途中の残雪
DSC05186

13:18 玉子石見えた
 背景真っ白。
DSC05188

13:23 近付きすぎは自己責任ですが
 みんなから撮影される人気者です。さあ下山!
DSC05189

16:30 下山途中、雲が晴れた尾根からの展望
 Yacchさん先導のスパルタ下山中・・・。 ここまでにわか雨と疲れで写真撮影の余裕なし。
DSC05191

16:35 この長いヤセ尾根を見る度、絶望と期待
DSC05192

17:05 まだまだ・・・
DSC05193

17:32 もうすぐ下台倉沢に到着して泥を洗うことができる
DSC05196

18:08 登山口到着

天候:
 曇り時々雨、一時晴れ間あり
アクセス:
 ・鷹ノ巣登山口駐車場(無料)
コース状況/危険箇所等:
 ・ヤセ尾根は滑りやすい
 ・台倉尾根は相変わらずぐちゃぐちゃ。
その他周辺情報:
 ・キリンテ・かわばたオートキャンプ場(前泊):1000円/台
 ・燧の湯(前夜と当日夕方、各):500円
  ※当日夕方はyacchさんのおかげでサービス券をもらい全員無料