前々から計画していた埼玉の栃本口から三宝山、甲武信岳に至る周回ルートを令和初登りとして実行しました。
 十文字小屋から奥秩父縦走区間、この時期チェーンかアイゼンがあった方が安全で歩きやすいです。 私はチェーンのみ持っていきましたが、雪が無いところもところどころありますのでチェーンの方が歩きやすいと思います。
 行き帰りの区間、特に帰りの秩父往還ルートについては、チェーン等滑り止めアイテムは必須です。 十文字小屋までの行きのルートは結果的にチェーンを使わずに済ませました。 遠くからよく見ていた白泰山に今回初めて寄ることができました。 四里観音避難小屋は珍しくトイレがあり、水場も近いのでこのへんをいろいろ探索するには便利な拠点になると思いました。 行きは、2人組とすれ違ったのみ、帰りは1名とすれ違ったのみでした。 さすがにこの行き帰りルートは人が少なく、静かな山歩きを楽しめました。
 雪や凍結した急斜面があると、夏道のコースタイムより余計に時間がかかるので、余裕を持った計画が必要です。 上り下りが連続する上に雪道、凍結を歩くので疲れもたまりますので体力面の考慮も必要です。
 雁坂周辺は鹿がたくさんいました。 コースから10頭以上は見かけました。 夜中トイレに行くときも近くをウロウロしてたり、就寝中もテントの脇を駆け抜けて起されました。。。

ヤマレコ版

Google Map で今回のルートについて上空図を作成してみました。
上空図(地名)2


2019年5月2日(木)

06:58 栃本公衆トイレの駐車場から出発
DSC04809

07:00 栃本から奥に見える左のピークは雁坂嶺
DSC04811

07:04 右に行くと栃本広場駐車場に直登するルート
DSC04812

07:05 右斜めに道路を登っていきます
DSC04813

07:24 道路から登山道へ右に
DSC04817

07:35 両面神社
DSC04819

07:38 道中の無事を祈願
DSC04820

08:15 一旦道路に出ます
DSC04822

 道路から右の白泰山線登山口へ。
DSC04824

08:35 今回最初の花(ツツジ)
DSC04825

08:36 アセビ
DSC04826

08:45 栃本広場からの合流地点
DSC04827

08:50 リンドウ?かキキョウ?の一種と思うが
DSC04829

08:59 一里観音
DSC04831

09:09 ツツジが少し多い
DSC04832

10:05 コケの美しさが目を引いた
DSC04833
DSC04834
DSC04835

10:14 白泰山山頂へ向かいます
DSC04836

10:21 けっこう急!
DSC04837

10:31 白泰山山頂1793m到着
 あまり見ない二等三角点。
DSC04840

10:53 ショートカットで登山道復帰
DSC04843

10:58 白泰山避難小屋到着
 トイレ、水場は無い。
DSC04847

11:00 その先の「のぞき岩」に行ってみます
DSC04850

 了解です。
DSC04852

11:01 西に延びる登山道のある稜線が一望
DSC04851

11:08 撮影し忘れたので小屋から少し戻って二里観音
DSC04854

12:33 赤沢山を巻いている途中「鍾乳洞入口」とある
 事前に情報があれば行ってみたかった。
DSC04855

12:50 日当たりのよいところを振り返る
DSC04857

 進行方向左に三宝山、大山。
DSC04859

 その左奥に、破風山。
DSC04860

13:00 三里観音
DSC04862

13:35 北側から南側へ尾根を越える林道跡
DSC04864

13:38 南側林道跡は、ほぼ土砂で埋まっている
DSC04867

14:39 避難小屋に行ってみる
DSC04870

 四里観音避難小屋に到着。
DSC04876

 トイレもある。人が少ないせいか臭くなかった。(利用)
DSC04877

14:43 近くに水場もあり
 親切な行き方説明。若干危険なため。
IMG_0660

14:44 行き方に従いひと岩を越えたらありました
IMG_0661

14:46 ちょろちょろですが湧いているようです
IMG_0662

 短いホースを湧いているところに突っ込む素晴らしい方式。ペットボトル1本分いただきました。あとでよく見たら小さな「かけら」のようなものが混じるので手順通り5分程度ホースで流してから取水したほうがいいようです。
IMG_0663

15:31 避難小屋からだいぶ離れたところに四里観音
DSC04879

15:35 川又に降りる道への分岐
DSC04880

15:42 コケが美しい道でした
DSC04881

16:03 十文字小屋に到着
 小屋で水が出ないとのことで水を汲みに行く必要がありました。トイレも水洗ですが水が出ないので取り置きの水で対応です。
DSC04883

16:28 水を汲みに行くついでにカモシカ展望台へ
 水場まで降りて登り返すので距離はあります。10分程度。
IMG_0665

 左手に三宝山。
IMG_0666

 右手奥に八ヶ岳。
IMG_0667

18:04 明るいうちに
 本日のテン場利用者は2名(2張)でした。小屋利用者も1名だったようです。
DSC04884

 500mlビールは冷凍して担ぎ上げました。つまみはゆで卵。
DSC04885

 きれいなトイレは土禁なので守らないと懲罰が厳しいです。
IMG_0669

 500mlは多かったのかトイレに3回起きました。。。
IMG_0670


2019年5月3日(金)

04:54 2日目の日の出
IMG_0673

06:05 十文字小屋を出発
DSC04886

06:32 凍結がちらほらと
 まだ端を通れば歩けます。
DSC04887

06:50 最初の鎖場
 鎖を使わなくても登れました。
DSC04888

07:00 大山山頂到着
DSC04893

 360度の展望ですが、八ヶ岳全体が見えた。
DSC04894

07:27 遠くに武甲山
DSC04897

07:47 武信白岩山は登山禁止
DSC04898

07:50 武信白岩山の岩峰を見上げる(振り返る)
DSC04900

07:52 鎖場
DSC04901

07:55 行き先が岩の稜線
DSC04902

08:26 尻岩到着・・・
DSC04904

09:18 全面雪になりました
DSC04907

09:53 三宝山山頂2483m到着
 言わずと知れた埼玉県最高峰です。でも展望なし。
DSC04908

 一等三角点。
DSC04909

10:00 木賊山と甲武信岳が見えました
DSC04910

10:45 甲武信岳山頂2475m到着
 八ヶ岳。
DSC04911

 北奥千丈岳、国師岳などの奥に南アルプス。
DSC04912

 富士山。
DSC04913

 山頂標識。 山頂は大盛況でした。
DSC04914

11:50 木賊山を巻いて合流
 その前に甲武信小屋で休憩、トイレを利用。(通過者は100円)
DSC04915

12:21 サイノ河原到着
 左から破風山、水晶山、古礼山。雁坂嶺は破風山に隠れています。
IMG_0681

13:13 破風山避難小屋
 トイレなし。水場は20分程度離れています。
DSC04917

13:57 破風山の見通しのよいところから
 木賊山、甲武信岳。
DSC04926

 甲武信岳、三宝山、武信白岩山、大山など、たどってきた稜線。
DSC04927

 武信白岩山、大山、赤沢山など、たどってきた稜線。
DSC04928

14:12 破風山参道(通行止)分岐
DSC04929

14:14 西破風山山頂2318m到着
 ベンチがあります。
DSC04930

14:53 東破風山山頂到着
DSC04936

14:58 雁坂嶺/雁坂峠が見えた
DSC04937

15:15 何かに見える2体
DSC04938

15:43 雁坂嶺に登っている途中振り返る
 破風山が「破風」に見えるところです。
DSC04940

16:12 雁坂嶺到着
 ベンチがあります。 少し休憩。
DSC04942

16:43 雁坂峠に到着
 破風山の下りから鹿に何頭も出会いました。残念ながら人なれしている鹿もいました。
DSC04949

 看板の枠や標識が新しく整備されているようです。
DSC04951

 ベンチも新しくなっている。
DSC04952


2019年5月4日(土)

06:00 3日目下山の日の朝食はインスタントラーメン
 テントは標柱を前室に取り込んで張りました。。。
DSC04954

06:54 日当たりが良いのでシュラフを天日にさらす
DSC04955

06:54 昨日到着時はテン場ほぼうまっていましたがちょうど小屋の裏手の高台が空いていました
DSC04956

07:53 7時過ぎに小屋を出発、危険個所通過して振り返る
 この後も同じように危険なところがいくつかありました。
DSC04958

08:24 昇竜の滝に到着
DSC04959

 小屋から1kmほど離れた取水口になります。
DSC04960

08:43 正面に小屋が見えるところ
DSC04961

08:58 和名倉山とか
 #だんだん適当
DSC04962

09:18 地蔵岩分岐
 疲れているので地蔵岩はパス。
DSC04963

09:22 コケの中に咲く花
DSC04964

09:27 だるま坂
 凍結してたりズルズルだったり細心の注意が必要。
DSC04965

09:54 樺小屋手前の水場へ向かう道
DSC04966

 樺小屋到着。行動食休憩。建物構造は四里観音避難小屋と類似。でもトイレなし。
DSC04968

 秩父往還を含めた歴史の説明。
DSC04969

10:32 突出峠到着
DSC04980

 百葉箱がある突出峠の様子。右のブナの木は「東京大学の森」記念樹のような看板がありました。
DSC04981

11:09 雁道場(がんどうば)に到着
 雁のつく地名が雁が渡るルートとのことです。
DSC04983

12:07 川又の登山口に到着
 雷雨がひどくなってきたので、レインウェア上を着ました。
IMG_0683

12:08 ここで国道140号にでます
IMG_0685

12:22 国道を歩いている途中
 川又のバス停トイレでレインウェア下を着ました。
IMG_0686

13:03 栃本関所跡に到着
 川又からちょうどいいバス便がなかったので徒歩で駐車場まで。
IMG_0689


天候:
 1日目:晴れ、2日目:晴れ時々曇り、3日目:晴れのち雷雨
アクセス:
 ・栃本公衆トイレの駐車場を利用
 ・十文字小屋テント場:1000円 ※1張500円+1名500円
 ・雁坂小屋テント場:1000円 ※今シーズンから値上げ
コース状況/危険箇所等:
 ・栃本からの行きのルート帰りのルートも登山道が不明瞭で倒木がある所多い。
 ・2000m以上か北斜面は残雪が多いためチェーンかアイゼンがあると安全。
 ・雁坂小屋からしばらくは凍結箇所がありチェーンかアイゼンが「必須」。
その他周辺情報:
 ・大滝温泉 遊湯館(道の駅)700円、JAF割で650円
  ⇒今回は人は多いがそれほど混んでいなかった。
 ・スマホ電波(ドコモ):十文字小屋⇒×、雁坂小屋⇒4Gアンテナ1本※小屋周辺