年末年始に年賀状を印刷している最中にプリンタが故障。 昨日やっとすべてポストに投函できました。 1月20日に予定されているお年玉抽選前に発送できたことが不幸中の幸い。
2019nanga

 故障したCanon MX893。
MX893
 2012年9月1日にSofmap通販にて、26,400円(税込)で購入。 これまで6年超の期間使ってきました。 といっても1か月に1回印刷するかどうか。 印刷するときは多量に印刷する使い方です。

 故障の状況は、ググるとたくさん出てくるB200エラーでした。 これが発生するとCanonに修理に出すしかないようです。
MX893B200
 しかしながら、すでに2018年3月末に修理対応期間が終了となっており、いろいろとインターネット上の先人による対処方法をやってみましたが結局回復しませんでした。
 よって泣く泣く廃棄を決断。

 昨今明るみなって大騒ぎになっていた買い替え促進を目的としたスマホ旧機メーカー故意によるOS性能低下問題とかの類ではないか。
 という疑念を抱き、次にCanonは買いたくなかったのですが、結果的にTS3130という機種を同じくSofmap通販で5,369円(税込)、1700ポイント使って実質3,669円(税込)で購入。
TS3130
 同じ複合機ですが、MX893での使用経験を踏まえ、我が家にはADF(自動原稿送り)やFAXは要らない、カラー印刷とスキャンがそこそこの品質でできればよい、との結論から、こんな激安な機器にたどり着いた次第です。
 ここまで安くなると使い捨てでもいいやと割り切れて、Canonでもいいやになりました。。。 後ろ向きな発想も場合によってはアリかなと。