現在マンションのネットワークサービスのオプションの固定IP電話サービスを使用していますが、より基本料金の安いIP電話サービスを導入しようと思い検討しました。

  • フュージョン・コミュニケーションズ SMART →基本料金0円
  • NTTコミュニケーションズ 050plus →基本料金315円

 があるようです。 前者は実家のIP電話にかけると有料ですが、後者は無料で基本料金も現状の半分なので、050plusにすることにしました。 050plusのアプリはスマートフォンAndroid、iPhone、iPod、iPad、パソコンに対応しています。 Androidはモデルが限られており、最適なものを探すのが面倒です。 iPod、iPadは電話をする際イヤホンマイクを使う必要があります。 パソコンも使い勝手を考えると面倒です。

 iPhoneは、アクティベーションにSIMが必要なので別途取り寄せが必要ですが、電話と同等の使い勝手でないと、家族に使ってもらえないと判断しました。 050plusでは、iPhoneの場合、3GS、4、4S、5、5s、5cに対応していますが、おもに電話に使うので中古の安いものがよいと思いました。 ただ、3GSになると最新のiOS7が使用できないため4を購入しました。

 アクティベーションに使うSIMです。 これがないとiPhone4が使える状態になりません。

 SIMを挿入。

 iPhone4を起動します。

 いろいろ設定して、無事iOS7起動画面に到達・・・。

 050plusアプリをダウンロードする。

 充電の際いちいちコネクタを接続すると使い勝手が悪いので、ワイヤレス給電(Qi)システムを導入します。 受電する機能があるサンワのQi規格対応iPhone4ケース(WLC-IPH11BK)を装着しました。

 ワイヤレス給電の送電側となる同じくサンワのQi規格対応クレードル(卓上ホルダ:WLC-STN11BK)です。

 置くと、こんな風になります。 コネクタを接続したときと同じ動きです。

 数秒後こんな風になって、しばらくしたら消灯します。

 050plusアプリがバックグラウンドで動いている限り、画面が消灯(スタンバイ)しててもちゃんと着信します。 いままでイエ電として使っていた固定IP電話と比べたメリットは、

  • 外出の際、携帯会社と契約済の他のスマートフォンや、実家に帰っているときの実家のパソコンで、050plusアプリを起動すればイエ電を外出先で受けられる。
  • 050plusの機能として留守番電話機能が備わっている。→050plusアプリがうっかりバックグラウンドでも起動してなくて着信できない場合の保険という使い方で、何十コールで出ないと留守番電話に切り変わるという使い方ではありません。
  • 携帯会社と契約は無いが一応スマートフォンなので、アプリをふつうにインストールして遊んだりできる→マルチタスクなのでゲーム中でも切替えて電話を受けることができます。

といったところです。 すぐに思いつく固定IP電話と比べたデメリットとしては、

  • スマートフォン操作に慣れていない人(じじ、ばばとか)には使いにくいかも→ちなみにうちでは妻も子供(小学生)もすぐに使いこなしています。
  • 050plusの電話にかけると、接続前に「050plusです」という余計なアナウンスが流れる。→これはどうしようもないようです。
  • FAX機による送受信に使えない。→うちでは、あまり影響ありません。

 あと、iPhone4そのもので気が付いた点ですが、個人的に最近所有したiPhone5sのiOS7に比べると、iPhone4はハードの性能が原因だと思いますが、若干操作がもたつきます。 でも気になるほどではありません。


 12/5、1か月弱使用した感想です。

  • 固定IP電話より、050plusの方が通話品質はよくないです。 ただ、実用には成るレベルです。 たまに、iPhone5sとiPhone4の間で、FaceTimeを使用しますが、こちらは非常に音質がいいです。 ただ、呼び出してるように見えても相手側で呼び出し音がならなかったり、音声が頻繁に途切れたりしますので、接続品質/安定品質が悪く、電話の代わりには使用できないおまけ程度の機能と感じているところです。
  • 050plusは、やはり「電話アプリ」という感想です。 これまで接続できなかったことがなく、音声途切れもなく、接続品質/安定品質は非常にいいです。 さきほどの通話品質はさておいて。